2018年02月17日(土)
院内勉強会29年度第18回・19回
18回の院内勉強会は「研修報告」

精神疾患と暴力の関連についての概論(包括的暴力防止プログラム研修報告
CVPPPが必要とされる場面は、突発的に起こるため日頃から意識したり何度も訓練して身につけないといけない。(実際の場面に出会ったときに冷静に対処できる人は少ないと思われる。)
患者さんからの攻撃を双方が安全に抑えることは、患者さんの安全を確保すると同時にそれ以降の患者さんからの遺恨による2次トラブル防ぐことにもつながる。

 19回の院内勉強会は「OT活動について」
課題集団VS依存集団という題で、OTや周りのスタッフがそれぞれ個性を持つ患者とどのようにかかわっていくこと大切かを討論する場を設けていただきました。
「OTの活動目的・患者さんの行動や活動から視点を変えて見守っていく。
すべてのスタッフが、協力していける状況と環境作り、患者さん個人一人ひとりが持っている個性や力を広い視野で見つめて尊重することで生きることへの意欲を引き出せるように接していきたい。」という感想出ておりました。

このページを閉じる