このページを閉じる
2012年08月23日(木)
定例病棟スタッフ勉強会(熱中症と水分管理)
株式会社○○○さんから講師をお呼びし、熱中症と水分管理について講義をしていただきました。最初に熱中症のメカニズムからはじまり、熱中症で体内で何が起こっているのかを説明していただきました。脱水症の早期発見方法・身体所見(皮膚をつまんでみる・脇の下が浸潤している(80%)脱水ではない。等や高齢者が脱水症になる要因・治療のポイント(水を飲み続けるだけではかえって危険等)や予防の仕方などを講義していただきました。医療スタッフのみなさんも、入院患者さんの中に、自分で訴えることができない方が何名かいらっしゃるため、自分たちのチェックポイントが不足していないか等を見直しながら、興味深く聞いていました。